読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまこばの部屋

育児や子育て、ママファッションと旅行とたまに音楽についてを書いています。誰かと共感できれば幸いです。

【アート】ミュシャ展に行ってきた

f:id:tamakoba:20170523145218j:plain

国立美術館で開催中のミュシャ展に行ってきました。
大迫力のスラブ叙事詩を堪能してきましたのでご紹介します。

 

ミュシャ

開催日:2017年3月8日(水)~6月5日(月)

開催時間:10:00~18:00

場所:国立美術館 企画展示室2E

   〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

入場料:一般¥1,600、大学生¥1,200、高校生¥800

 

www.mucha2017.jp

 

チェコ国外世界初公開

 ミュシャ展の来場者が5月22日に50万人を突破したそうです。
私は土曜日に行ったということもありかなり混雑していました。
ただ、スラブ叙事詩は大きなものは「6m×8m」あるので、会場に入ってしまえば人の頭で見れないーということはありません。
遠くからの鑑賞も、近くからの鑑賞も苦になりませんでした。

f:id:tamakoba:20170523154105j:plain

 図の右下から入場して、すぐがスラブ叙事詩の展示です。
こちらは撮影はできませんが、その奥には撮影可能エリアが設けてありました。

f:id:tamakoba:20170523154251j:plain

f:id:tamakoba:20170523154307j:plain

f:id:tamakoba:20170523154319j:plain

 あまり綺麗に撮れていませんが、大きさは理解できると思います。
この大きさの絵がずらーと並んでいるので圧巻です。

 この撮影エリアの奥に映像コーナーがあるのですが、入口があまり目立たないので人が極端に少ないです。
こちらは見ておいて損はありませんので忘れないように行ってくださいね。

 

 この先にアール・ヌーヴォーや世紀末の祝祭などの展示がありますが、こちらは混雑していると思うようには見れません。
朝一で会場に行かれる方は、こちらのゾーンを見てからスラブ叙事詩に戻って鑑賞するのが理想かもしれません。
私はアール・ヌーヴォーをもっとじっくり見たかったのでちょっと後悔です。

 

 最後にショップがありますが、こちらはもちろんチケットを持っていない方でも入場可能です。

 

 同じく国立美術館草間彌生 わが永遠の魂の展示もあるため、国立美術館自体が混雑しています。
ミュシャ展公式twitterで入場待ち情報や発券待ち情報の配信も行っているので、行かれる前にチェックすることをオススメします。
平日でも待ち時間は発生してますよ。

ミュシャ展 (@mucha2017) | Twitter

 

 また、チケットブースも毎日かなり混雑しているようなので、行く前にチケットを購入してから行きましょう。

ミュシャ展 |オンラインチケット