読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまこばの部屋

育児や子育て、ママファッションと旅行とたまに音楽についてを書いています。誰かと共感できれば幸いです。

【子供靴】保育園用の子供靴の選び方とおすすめ3選

f:id:tamakoba:20170313163431j:plain

 

現在2歳になる息子。
いつもは早め早めに靴を新調していたのですが、親が思っている以上に成長していたようで、保育園の連絡帳に「靴が小さいようです。痛がっています。」と書かれてしまいました。
これは急いで新調しなくては!と購入した子供靴と今までに購入した中で厳選した3選をご紹介します。


子供の成長はとても早いので、1足の使用期間はとても短いですが、足に負担のない靴を履かせてあげたいと思うのが親心だと思います。
購入の参考に是非見てください。

 

 

1歳から3歳までの保育園用の靴選びのコツ

親が履かせやすい靴を選ぶ

 2歳前後になるとしっかりと歩けるようになる子が多くなってきます。
保育園でも可愛い&格好良い靴を履かせたいところですが、それは休日のお出かけ用にしましょう。
保育園用の靴を選ぶ時は、とにかく大人が履かせやすいものを選ぶことをおすすめします。

朝の忙しい時に、硬すぎる靴だと子供がぐずって思い通りに履かせられない…なんてこともしばしば起こります。
また、親が履かせにくい靴は保育士さんは更に履かせにくいと感じていると思ってください。
自分の子供なら少し乱暴気味に足を動かせますが、保育士さんは大切なお子さんを預かっているのでそこまで乱暴には出来ません。

集団で移動する際にサッと履けるとありがたいですよ。

0.5cm~1cm大きめを選ぶ

 すぐに成長するからと実際のサイズよりもかなり大きなサイズを購入したくなりますが、実際のサイズにあった靴を選びましょう。

大きすぎる靴は歩きにくく怪我の原因にもなります
小さすぎる靴は足の変形につながる恐れがあります。
実際のサイズよりも0.5cm~1cm大きめが足の指が動かせて、地面を掴んだり、蹴ったりする感じを 体感できるサイズです。

 図るのが難しいという方は、靴の中敷きで図るのがおすすめです。
中敷きを出して、足を当てると今履いている靴が大きいのか小さいのか大体のサイズ感が掴めます。

子供が履きやすい靴を選ぶ

2歳前後になると「自分で。自分で。」となんでも自分でやりたがります。
靴を脱ぐことももちろんですが、ベルトを留めたり外したりすることも考えなければいけません。
子供の手はとても小さいです。大人では簡単でも、大きなキャラクターがベルトについてると子供では扱いにくかったりします。
子供が好きなものではなく、あくまで子供が履く、脱ぐに着目して選ぶと気に入ってくれるかもしれません。

 

おすすめブランド3選

IFME(イフミー

 

とにかく開口が広いです。
ベルトを外して開口が広いと、靴を履く時に子供の足をスムーズに靴の中に入れることができます。
これは本当に朝の急いでいる時や、子供がぐずっている時に有難いです。

また、自分で履いたり、脱いだりしたがるようになった時も踵が柔らかいので子供の力でも十分にできます。
おすすめは22-4700シリーズですが、こちらの30-7006シリーズもビタミンカラーで元気な印象がいいですね。

 

そして私が保育園用に外せないのが、踵についたプルストラップなんです。
保育園用の私物には全て名前を書いたり付けたりしなければいけませんが、踵が黒と名前が書けないし、ましてや大きく名前を書きたくないというのが本音です。
そこで私はこのプルストラップに100円均一で売っているお名前ストラップを付けています。
子供も全く嫌がっていませんし、保育士さんに邪魔と言われたこともないのでずっと新しい靴に変える度にお名前ストラップを付けて終わり!にしています。
IFMEのプルストラップは少し外側に付いていて、子供が指を掛けて履きやすく設計されているのも嬉しい点です。

 

 moonSTAR carrot(ムーンスターキャロット)

 

足幅細めの「1E」から足幅広めの「3E」まで考えられて作らているスニーカーです。
開口はIFMEよりも少し固めですが、大きく開くので履きやすくなっています。
ムーンスターキャロットは中敷きにサイズ目安ゾーンが書かれています。
中敷きを出して、子供の足を乗せるだけで、今の靴がぴったりなのか小さいのかなど一目でわかる工夫がされています。
これで私のように小さくて足が痛い!なんて言われる前に靴の買い替え時もバッチリ分かりますよ。

 

 new balanceニューバランス

 

とにかくカラー、サイズが豊富です。
機能性も大事だけど、見た目もやっぱり選びたいという方におすすめです。
パパ&ママとお揃いにして親子コーデが楽しめるのもいいですね。

息子を見ていると紹介した3つの中ではベルトの着脱が1番上手にできる靴です。
子供でもビリッと簡単にできるけど、走っても外れることはない硬さが考えられているのだと思います。

 

 まとめ

 3歳までは3カ月で0.5cm~1cmは成長すると言われています。
1足の使用期間は短いですが、常に足にフィットした快適な靴でのびのびと遊んでほしいですよね。
消耗品と割り切って子供のサイズにあった靴を選びましょう。